MapQuestAir

空の産業化を制する地図システム

地理情報システムのマップクエストは、近年注目を集めているドローンの有効活用を促進するため、飛行可能なエリアの確認や、実施レポート作成などを支援する地図システム「MapQuestAir」の開発に着手しました。

 

 

このシステムは他の情報システムとの連携を可能にするWeb APIも搭載される予定です。昨年12月10日に施行された改正航空法をはじめ各自治体の定めにより、これまである程度自由に飛ばせていたマルチコプター、ラジコン、農薬散布ヘリの飛行は、安全のために多くの制限がかせられることになります。一方でドローンの産業化は政府もドローンで荷物配送を可能にすると述べるなど、大きく期待されています。

 

2016年5月Windows版を試作、東京で開催された展示会「Japan IT Week 春」にて展示しました。

2017年5月にはWeb版を開発、こちらで試験公開の予定です。

 
 
詳細
主な機能

 

1.飛行可能エリアが探せる

2.飛行禁止・許可エリアが管理できる

3.飛行実績が管理できる

参考・出典:国土交通省「改正航空法概要ポスター」

システム構成

 

他の情報システムとの連携を想定した情報プラットフォーム

  • ウェブサービス
    ・飛行可能場所の検討
    ・飛行事例の共有
    ・API連携

  • オーサリングソフト
    ・飛行可能場所の検討
    ・飛行事例の登録・編集・公開
    ・実施レポートの出力、分析

 
お問い合わせ

MQAirは現在鋭意開発中です。お問合せはこちらよりお気軽にお寄せ下さい。

c 1992-2019 MapQuest Corporation All rights reserved.

  • Black Twitter Icon